ヨナナスメーカーの使い方と使ってみた感想

ヨナナスメーカーとは

ヨナナスメーカーとは簡単に言えば、凍らせたくだものなどを使ってシャーベットやジェラートのような冷たいデザートを作る機械です。

ヨナナスメーカーの使い方

まずはくだものを一口大位にカットして冷凍します。基本的にどんなくだものでも良いです。一度冷凍したくだものを少し溶かし半解凍のような状態にします。解凍し過ぎると失敗してしまうので注意が必要です。後はヨナナスメーカーの上の筒部分にくだものを入れて、スイッチを入れた後に棒状の蓋で力一杯押し込むだけです。それ程多くのくだものは入らないので、沢山作りたい時には何回かに分けて作業する必要があります。

ヨナナスメーカーで実際に作ってみて

材料はくだものなら基本的に何でも大丈夫ですが、世間で言われているようなヨナナスを作るにはバナナを使用する必要があります。最初はバナナと合いそうなくだもので、イチゴと合わせて作ってみました。バナナとイチゴの比率は1対1位で作ってみました。結果はイチゴの味もするけれどバナナの味が強く出てました。他にもオレンジやキウイ、リンゴなどと合わせましたが、やはりバナナの主張が強かったです。クリーム状の食感にしたければバナナを多くする必要がありますが、他のくだものの味を濃くしたければバナナの量を少なくする必要がありました。どれにも言えたことですが、くだもののみで作っているので甘みが少なく、アイスやジェラートを食べるつもりで食べると物足りなく感じるかもしれません。

アレンジしてみました

まずもう少し甘みが欲しいと思い、作る時に砂糖やハチミツを加えて作ってみたのですが、上手く均一に混ざらずイマイチの出来でした。次に加糖のヨーグルトを小さな氷を作る器に入れて凍らせて一緒に混ぜて作ってみました。するとヨーグルトアイスのような味わいになり美味しかったです。次にみかんの缶詰めにゼラチンを入れて、まずはゼリー状にしてから一口大にカットして凍らせて作ってみると、シロップの甘さが加わったシャーベット状のものが出来ました。これらの要領ででくだもの以外のものを凍らせて一緒に作ってみると幾つか美味しいものが作れました。特に美味しかったものとしては、一度温めて砂糖を溶かした牛乳を凍らせたもの、桃缶のシロップを凍らせたもの、ヨーグルトを凍らせたものを混ぜると美味しかったです。くだもの以外でも、トマト(フルーツトマトがベスト)、野菜ジュース、サツマイモの甘煮、カボチャの甘煮なども凍らせて作ると美味しかったです。

電気ポッドの意外な使い方!便利な調理器具に

電気ポットの機能とは

 電気ポットは、一定量の水を沸騰させ、更に保温できる便利なものです。小さいものでは1L入りのものから、大きなものでは5L入りのものもあります。最近では電気式スイッチにより自動的に給油できるものも多数登場していて、その種類は多種多彩です。
 熱湯を扱うためにいろいろな安全装置があります。そのひとつにマグネット式の電源コードがあります。
これは万が一ポットが倒れた場合に外れて火災を防ぐことや、電源コードを誤ってひっかけた場合に外れて転倒防止に役立っています。
あと、給湯停止装置が付いていて誤動作によるやけどなどを防止しています。
 さらにすごい機能として、通信機能のあるものも出ています。
大手メーカー・象印マホービンのコマーシャルにあるように一人暮らしの年寄りの安否確認に利用するというのも出てきています。

電気ポットを使って見た感想

 カップラーメンなどのインスタント食品を食べるためすぐにお湯を入れたいと思う時に、
電気ポットがあることですぐに食べられるというのは本当に重宝しています。
やかんに水を入れて沸かす時間が省けるだけでも十分助かります。
あと、残りの量が見えるのは水の補給のタイミングが分かってうっかり空だきを防ぐのに役立っています。
常にお湯が用意できるのは本当にありがたいです。
コーヒーやお茶を入れる時にもすぐに入れることができるので飲みたい時にすぐ飲める、本当にいいものです。

電気ポットの意外な使い方

 これは本来の使い方ではないのであまり大きな声では言えないことですが、レトルト食品を温めるのに便利です。
鍋に水を入れて温める時にはレトルト食品を入れる前に鍋の中の水を沸騰させるまでに時間がかかるものですが、
そんな時に電気ポットを使うと沸騰させるまでの時間が短縮され早く温まります。

ガスコンロを使う場合にはガス代、IHなどのホットプレートを使う場合には電気代、
さらに鍋に入れる水の分の水道代の節約につながるのではないかと思います。
あと、インスタントラーメンを作る時に鍋に入れる水の代わりに電気ポットのお湯を入れることで沸騰時間の短縮を図ることもできるのです。
ただ、2食以上作る場合にお湯が足りない場合はその都度電気ポットに給水して沸騰させる手間がかかるのが難点です。

こんな電気ポットがあったら

 瞬間湯沸かし器のように沸騰時間の短い電気ポットができたなら、さらに便利なものになるのではないかと思うのです。

こんな使い方もあったの!?布団乾燥機のお得な裏ワザ

布団乾燥機は、昔からある家電のひとつですよね。
あれば便利そうだけど、なくても日常生活では特に困らない家電ですが、一度使ってみると、
その便利さに手放せないという方がたくさん!
そんな布団乾燥機の魅力を紹介します。

布団乾燥機の基本的な機能とは?

布団乾燥機は、その名の通り、布団を乾燥させることの出来る機械で、構造もシンプルです。
本体のホースを専用のマットに繋げて、スイッチをONすると温風がでる仕組みで、布団乾燥も1~2時間と室内で手軽に短時間でできるようになっています。
最近は花粉やPM2.5、黄砂などの影響や仕事の都合でなかなか外に布団を干せないご家庭でも重宝されています。

布団乾燥機をつかってみた感想

まずは天気や時間を気にせず、いつでも布団が干せるという点が気楽です。
温風でダニや雑菌も除去できますし、さらに布団乾燥機を使ったあとに布団に掃除機をかければ完璧です。
そして、冬は寝る少し前にスイッチを入れておけば、温風で布団があたたまるので、快適です。

こんな使い方もある!

布団乾燥機は、衣類の乾燥にも使えます。さすがに大きなものは難しいですが、布団のマットの上に靴下やタオルの小物を広げておけば
温風で乾燥もできます。こちらも洗濯物の乾きにくい梅雨どきや冬には重宝する機能です。
ハンガーラックに対応した衣類乾燥のカバーが付属した布団乾燥機もあるので、衣類乾燥の機能をよく使用されるようでしたら、
最初からカバーが付属した布団乾燥機を買うのをおすすめします。
オプション品としても販売されていますが、別に購入するとカバーは高額なことが多いです。

靴の乾燥にも使える!

ホースに専用のアタッチメントをつけることで、靴を乾燥させることができます。靴って中までしっかり乾かす場合は時間がかかりますが、
布団乾燥機の靴乾燥機能を使えば、約1時間でしっかりと乾きます。雨で靴がびしょびしょになった日は、大活躍!
家族分の靴を一日で乾かすことも可能ですよ。

最新型はマットがないタイプもあります!

昔からある布団乾燥機ですが、最近はマットがないタイプの布団乾燥機も人気です。
使い方も本体のホースを布団に差し込んでスイッチを入れるだけなので、手軽に使えて後片付けも簡単です。
デザインもシンプルでスタイリッシュなものも多く、小型化も進んでいるので寝室に置きっぱなし・出しっぱなしでも
インテリアを損なわないものが増えています。

マルチクッキングポット(電気鍋)を使ってみた感想

友人から結婚祝いにいただいた、電気で使えるお鍋、マルチクッキングポット。
二人暮らしにはちょうど良いサイズで、ガスを使わないということで私は毎日の味噌汁、スープ作りはもうこれしか使っていません。
お手入れも簡単で、ちょっとしたおかずならこれだけで十分です。
いろいろな料理ができるので大変おすすめの家電です。

マルチクッキングポットの機能

この電気式お鍋、小さいのに昨日は十分です。
まず、ふつうにお鍋として使えます。煮物やスープ、二人分くらいなら余裕です。
そして、グリルプレート、蒸し料理用アミもついています。
小さいけれども、ちょっと野菜を焼きたいというときにすぐにグリルができますし、シュウマイなどの蒸し物だって蒸し料理あみを使えば20個くらいは入るでしょう。
鍋をしたいときは鍋を、グリルにしたいときはプレートを。セットだけなので簡単です。
ガラスのふたもついています。

マルチクッキングポットを使ってみて

小さいのに丈夫で、汚れも落ちやすいので大変気に入っています。一人暮らしの人にもおすすめです。
セットするときに、きちんとセットしていないと、焦げ臭いにおいがするので注意が必要です。
また自動的に電源が切れるなどという機能がありません。つまみを回して熱を調整します。火も見えず、音もないため、鍋をとりはずしたあとも、うっかりつけたままにしておくことがときどきあったので注意が必要です。
使って2年目くらいに、ガラスのふたのつまみがゆるくなって使いずらくなったのでふただけ購入しました。新しいタイプのものは、とってが以前よりしっかりしていて、こわれにくいようです。
グリルもなかなか良い機能ですが、あまり使用していません。普段はしまっているため、使用することをうっかり忘れてしまうのです。

こんな使い方も

あまり出番のない蒸し器ですが、私はときどき蒸し野菜をするときに使用しています。野菜がたっぷりおいしく食べられます。
蒸し器の上に、キャベツ、ニンジン、大根など好きな野菜を置きます。キャベツなどの葉物を一番下に敷くようにすると良いです。
おいしい蒸し野菜がたっぷり食べられます。
またサツマイモを丸ごとむす時も使います。
一人、二人でおでんが食べたいときは、鍋に具材を入れて煮込み、食べるときにそのまま食卓に出してしまいます。
小さいのでテーブルにのせても違和感ありません。
ちょうど良いおかずが、切干大根やひじきのにもの。
最初に鍋で軽く材料を炒めて、それから煮込むとおいしいです。

ノンフライヤーのメリットや使い方など

ノンフライヤーの機能について

ノンフライヤーとは簡単に言えば、油を使わずに揚げ物ができる機械です。高温の温風を吹きかける事で、その素材が持つ油分で調理を行います。

ノンフライヤーのメリット

普通の揚げ物は揚げている間は火事などの心配や揚げ過ぎの心配があるのでその場を離れられませんが、ノンフライヤーは調理器具に揚げ物を入れて、後は必要な時間をダイアルするだけなので、調理中は他の作業を行っていれます。また、油を使わずに調理するので料理の油分を大幅にカットする事ができるので、非常にヘルシーで健康に気を使わずに食べる事が出来ます。
「ノンフライヤーを実際に使ってみて」
ノンフライヤーでよく調理するものとしては、我が家ではトンカツと鳥の唐揚げがあります。まずはトンカツですが、非常にサクッとした仕上がりになります。使った豚肉に含まれている油分の量によるのだと思いますが、出来上がりは油で揚げたというよりはオーブンで焼いたといった物に近い出来上がりになります。けれど、十分にジューシーで美味しく食べられます。まぁ、油で揚げた物と比べながら食べるとやはり物足りなくは感じるのですが、食べ比べなければ十分に満足出来ます。ただし、少し時間が経って冷めてしまうと途端にサクッと感が失われてしまうので、出来上がり後はすぐに食べる事をお勧めします。次に唐揚げですが、こちらはちょっとコツが必要で、タレや粉をつけ過ぎるとベチャっとした仕上がりになってしまいます。また、中の網に衣がくっついてしまい取り出す時に大変な思いをします。クッキングシートを敷くと多少は改善されます。上手く出来た時には衣はサクッとしていて、中はジュワッとジューシーに仕上がり、とても美味しく食べられます。トンカツよりも油で揚げた時の物と食感や味は大差なく作る事が出来ると思います。ちょっとだけ本末転倒ですが、鶏肉を漬け込む時にタレに少しだけ油も入れておくとジューシーに仕上がります。

その他の活用方法

ノンフライヤーで天ぷらを作る事はできないのですが(野菜や海老等には油分が少なすぎるため)、市販のお惣菜として売っている出来上がった天ぷらなら調理する事が可能です。市販の天ぷらは電子レンジで温めてもフニャっとなってしまいますが、ノンフライヤーを使って温めれば、サクッとした仕上がりにする事が出来ます。揚げたてよりも多少衣が固くなりますが、サクッとする感じは揚げたてよりも強いと思います。天ぷらうどんやそばに使う時にはかなりオススメです。”