パナソニックレギュラードラム NA-VX8600について

洗浄力の特徴

パナソニックの洗濯機は機能がものすごく高く中でも、最近より素晴らしいと思う技術が泡洗浄です。とてもきめ細やかな泡が生成されており、シャワーの水圧の力で衣類の隅から隅まで全体にその泡を行き渡らせ、洗剤の浸透力をフル活用します。泡の力で包み込むような感じになるので、衣類の傷みを抑え、キレイに汚れを取り去ります。泡洗浄の種類も1つだけではなく、洗濯時間短縮につながる即効泡洗浄という機能や、頑固な汚れをスッキリ落とす温水泡洗浄という機能もあります。更にもう一つ魅力的な機能がナノイーという機能です。革製品やぬいぐるみ等、水で洗えないものもナノイーの力を使うことによって除菌・消臭をすることができます。洗濯槽自体をイオンで満たすことで黒カビの発生を抑えるナノイー槽クリーンという機能で清潔に保っており、洗うたびに洗濯槽をキレイにする自動お手入れ機能を合わすことでより一層清潔さを維持することができます。

温水による洗浄と効果的な乾燥力

温水機能は、ドラム槽下にあるヒーターで洗剤液を温め、汚れをしっかりと洗浄します。定期的に使うことにより衣類の黄ばみを落とし、黄ばみ自体の予防も出来ます。秋や冬の
寒い日に心強い温水洗濯モード等により、洗濯汚れの状況や気候に合った洗濯をすることが出来ます。ドラム式洗濯機の大きな特徴は衣類乾燥の仕上がりが良いということです。乾燥が得意なドラム式洗濯機の乾燥機能を更に効果的にしたのが、ヒートポンプ乾燥です。
一般的なヒーター乾燥よりも温度が低く設定されている為、衣類を傷めにくいうえに、更に、ヒーター乾燥では必要な冷却機能が不要な為、大幅な節電・節水ができます。エコな上に、外干し以上にふっくらとした仕上げにしてくれるのがヒートポンプ乾燥です。更にシワを抑えてキレイに仕上げるジェット乾燥という機能もあります。

手頃なサイズのプチドラム

ドラム式洗濯機はドラムが斜めになっている構造で、乾燥機能が必ずついているということもあり大型なデザインのものが多く、洗濯機を置くスペースにはギリギリ収まっても、廊下やドアなど洗濯機の搬入スペースが確保できないということもよくあります。特にマンションやアパートでは、このようなドラム式洗濯機を置きたくてもスペースの都合上、縦型にするという事例が多々あります。そんな状況でもドラム式洗濯機を使いたいという気持ちに応えてくれたのがプチドラムです。本体幅・奥行がとてもすっきりしているので、大体のご家庭においても洗面所を広く使えます。

SHARPの加湿空気清浄機について

私が購入したのはSHARPの加湿空気清浄機です。

PM2.5対応で 加湿も空気清浄もしてくれる画期的な商品。

なぜ買うことにしたのか?

世の中、水を買ったり、空気を買ったりと、当たり前にあったものまでも買う時代になりました。
買うきっかけは花粉症の症状の悪化です。鼻水がものすごく出るので、寝苦しいため、買って試してみることにしました。

私の空気清浄機の選び方

調べてみると値段も性能も幅がありました。安いもので5000円程度、高いもので5、6万円といったところです。違いをみるポイントとしては、大きく2つあります。まずフィルターの交換時期でした。交換時期が2年のもの、10年のもの永年のものと、おおまかに3種類、次に大きさおよび適応床面積です。当然高価なものほど節電効果は高いですが、安めの商品でもファンを回す程度の電力なので、月々の電気代に驚くほどの差はないです。

試したこともないし、実際に効果が出るのかも分かりません。私はフィルターと本体価格を年あたりの価格で計算をし、
「シャープ製FU-E51高濃度プラズマクラスター7000」を購入しました。
ブラウンでシックな雰囲気です。私の家にはピッタリな感じ。ただ、小さい子供に触られると手垢が目立ちます。

空気清浄機の性能は?

作りはシンプルで、主な性能は集塵フィルターと脱臭フィルターによるものです。あとは吸塵のスピード(自動、弱、中、強)のモードが選択できます。特殊運転で花粉運転(センサーの感度が高めに設定され、感知すると自動より強めで運転を行います。)があります。他にはプラズマクラスターのon/off、きれいかどうかのモニター(色で表示されます。夜間用に消すこともできます。)

使ってみた感想

思いのほか、効果ありです。運転している部屋では花粉症の症状は落ち着きます。つけていなくて、鼻がムズムズして、花粉運転をすると、割と早めに鼻水も落ち着いていきます。目には見えませんが、空気はきれいになっているみたいです。フィルターの掃除の際、やはりしっかりついているので、こんなにもあるかと驚かされます。

私はこんな使い方もします

外で干した服に花粉がついてしまうこともあります。取り込んだときに鼻がムズムズするようなときは服の下に置いて出てくる風(上部に風が出てきます)をあてています。雨などで部屋干しになってしまう時にもあてます。意外と乾きます。

お手入れ方法・頻度は?

裏のフィルターの交換目安は1ヶ月です。1ヶ月も経てばホコリが目に見えて分かります。
フィルターを変えるのがもったいないときは ホコリだけ落として掃除機で綺麗にしたりしています。
加湿器を使用している期間は加湿器の部分を週に一度は掃除することをオススメします。
赤カビが生えてきます。
ブラウンだと赤カビが見にくいので掃除が大変ですけど頑張らないとカビをばら撒くことになりますからね。
歯ブラシなどを使うとすぐに落ちます。
洗剤が使えますが 洗剤が残るとものすごい異臭を放つのでよーくすすいでくださいね。

加湿空気清浄機 効果はどうなの?

加湿も空気清浄も うーん?という感じです。
ぶっちゃけた話ですがね。
加湿は気化式なのでよく分かりません。ただ、水の減りはかなり早いです。
電気代と水がもったいなく思います。そのうえ 手入れが大変なので加湿は違う加湿器を使用することにしました。
一方の空気清浄機ですがこちらは 敏感すぎるくらいです。
アルコールにも反応するのでアルコールティッシュを使用するとすぐにMAX稼働します。
常に冷風が出ていて そこに当たるところに座っていると冷えます。
花粉の時期も 特に花粉を吸ってくれているようには思えず 微妙な感じです。気の持ちようってほどですかね。
50,000円くらい払いましたがちょっと高すぎじゃない?というのが
正直なところです。

一目で分かる 液晶部分!

今の部屋の湿度 気温 1日の電気代が液晶で表示されます。
これはありがたい!
我が家では年末に子供がうまれ室温調整には これを活用してました。
音声オンにしておくと キャラクターがまばたき したりしてくれます。少し遊び心がありますよね。
ついに家電が喋るのか・・・と思いました。
凄い時代になったものですね。子供が起きてしまうので今は音声オフにしてますが オンにすれば気温が低かったり乾燥していると音声で教えてくれます。
加湿器の水がなくなる前にも音声で知らせてくれるので空焚きしなくてすみますよ。
声のタイプも何種かあります。

現代の家電の進化を感じられるものですが本当の意味での効果というのは実際分かりませんが、
今や一家に一台の空気清浄機ですし、試してみるのもいいかもしれませんね。

今後はこんなものを検討しています

蚊を捕まえる空気清浄機なるものが同社より発売されていて、海外で人気だと聞きました。
感染症などの媒介が心配ですし、温暖化で虫は活発に動くようになっていると聞きます。今後、購入も検討しようと思っています。

一家に一台空気清浄機の時代へ

空気清浄機の機能とは?
汚染されている空気を一度吸い込み、綺麗な空気として流してくれる機能や、ほこりや細かな花粉をキャッチしてくれる機能に、ペットのにおいやたばこのにおい、カビ菌までも吸い取ってくれる素晴らしい機能の空気清浄機は、加湿器機能もついていて冬は空気もクリーンにしてくれて湿度も上げてくれるのです。
実際、病院や小児科にも空気清浄機は置かれていて、子供が集まる幼稚園や保育園や保健センターなどでも置いていますね。
小さなお子様がいる家庭や、アレルギー持ちの家族がいる人なども高確率で空気清浄機を持っているのではないでしょうか。
中国からの空気汚染が深刻になっていたり、化学汚染がすすんでいてアレルギー疾患率も増えているので空気清浄機で除去していけると日常住んでいる私たちも安心して生活ができますね。

実際に、空気清浄機を使っていますが、きっかけは私のアレルギー性鼻炎と子供が生まれたことによって賃貸アパートが湿気が多くてカビがすごかったからです。
色々な会社を見てきて、どれも良かったのですがダイキン社の電気集塵の威力を家電製販店で見てダイキンにしました。
使ってみると、料理をするとセンサーの色がすぐ変わり匂いをキャッチするのが優れていることが分かりました。
主に寝室に使っていて、布団なので床に近くほこりも舞いやすいので空気清浄機は常に稼働している状態です。
アレルギーも軽くなり、子供も今のところアレルギーなしでいます。
1週間に一回フィルター掃除をしますが、びっしりとほこりが付いていて空気清浄機がなかったらこれらのほこりを自分たちが吸っているんだと思うとぞっとしますし、アレルギー持ちの私は手放せません。

以上が空気清浄機のおすすめするポイントでした。
ほこりやカビは毎日掃除していても、どうしてもでやすくなってしまいます。
特に私が住んでいたアパートは築年数も経っていたのでカビと湿気がすごかったです。
そんな時、空気清浄機が一斉に何社も発売をしたので藁にもすがる気持ちで購入しました。
今では買って良かった家電一位で、これからの冷蔵庫やテレビや洗濯機のように必需品になってくる家電品だと思います。

空気清浄機は、加湿器機能も付いているので冬の乾燥した時期は大活躍です。
空気清浄機のみの機能でしたら、他にも加湿器をつけなきゃいけなく電気代もかかりますが、一台で二つも仕事をしてくれるので大助かりです。
ちなみに今の空気清浄機はしっかり節電対策もしているので昔ほど電気代が跳ね上がったりはしません。

食器洗い乾燥機の効果をアップする食器の並べ方とは?

食器洗い乾燥機は便利?

数年前に家の建て替えをした時から、我が家のキッチンにはパナソニックのビルトイン食洗機があります。
この食洗機は、建て替えを依頼した住宅会社の標準装備品だったので、
正直なところ「洗い物なんて手作業でやったほうが早いし、
機械にやらせるなんて家事を手抜きしているようで、あまり気が進まないな・・」と思っていました。
そのため、新しい家に住み始めてからも暫くは使わず、今まで通りに食器は手洗いしていました。
ある時、友人家族が遊びに来た時、大量に食器の洗い物が出ました。
「この食洗機って毎日使っているの?」と聞かれ「
実はまだ一度も使っていなくて、使い方もよくわからないんだよね・・」と言ったら
「えー!?もったいない。
じゃあ今から早速この食器を洗うのに使ってみようよ?」と提案され、その時初めて使用する事になりました。

食器の並べ方にはコツがある

友人に説明書を読んでもらいながら食器をセッティングしていきます。
お試し用でもらっていた食洗機専用の粉洗剤も入れます。
ひどい汚れはあらかじめ拭き取っておき、お皿は全て内側を向くように並べます。
電源を入れると色々なメニューが点滅するので、とりあえず「ミスト」「標準」「乾燥」を選んでスタートしました。
はじめにミストで汚れを浮かすので、とても静かです。
「なかなか洗いが始まらないな」と思いながら、終了までにかかる時間を説明書で読んだ時、予想以上の長さにビックリして二度見しました。
「手洗いなら10分もかからないで終わるのにな・・」とは思いましたが、洗いから乾燥まで一気にやってくれるので文句は言えません。
友人家族と子供を遊ばせているうちに、食洗機から終了の音が鳴りました。
ドキドキしながら開けてみると、まだ熱気を帯びた食器たちが並んでいます。
触るとけっこう熱いので、終了してすぐには取り出さず、少し冷めたぐらいがちょうど良いのかもしれません。
お皿やコップは見事、ピカピカに仕上がっていて感動しました。
ただ、軽い木のお椀が一つ、途中でひっくり返ってしまったのか、お湯が溜まった状態で入っていました。
逆さまに伏せて置いたはずでも、こういう軽い素材の物は洗っている途中に水の衝撃で吹き飛ばされるのかな?と思い、並べ方にもコツがあるという事を学びました。

一度使うと手放せない!

あの日以来、我が家では夜の洗い物だけ食洗機を使うようになりました。
朝起きたら食器がピカピカになって乾いているのでとても気持ちがいいです。
朝や昼の洗い物はわりと少ないので手洗いして、食洗機は水切りかごとして使っています。
総合的に見ると、手洗いよりも節水になる事や、高温のお湯で洗浄するので除菌効果もあり清潔、乾燥もしてくれるので拭く手間も省けます。
何より時間に余裕ができるので、家族との団欒や自分の時間ができました。
これからも食洗機を上手く使いこなしていきたいです。

ロボット掃除機のメリットとデメリットとは?

ロボット掃除機を購入した理由は、我が家が共稼ぎをしているので、
家事に時間をかけることをしたくないので、家事の負担をなるべく減らそうとしたことからです。
掃除ではロボット掃除機ですが、洗濯機は一度にたくさんの量を洗える洗濯機ですし、
冷蔵庫も買いだめができるようにかなり大型の冷蔵庫を購入しています。
すべては家事の負担を減らすために負担を減らすのに役立つような家電品を選んだということです。

その中でもロボット掃除機について使ってみて初めて分かったメリットとデメリットを述べてみます。
ちなみの我が家のロボット掃除機はロボット掃除機ではもっとも有名なアメリカのメーカーのロボット掃除機で、
もちろんですが今までにロボット掃除機を使ったことはなく、初めて使うロボット掃除機です。

ロボット掃除機のメリット

ロボット掃除機は自分の予想外にしっかりと掃除をしてくれるということがメリットでしょう。
ロボット掃除機の掃除は人間が掃除機を使って掃除をするよりもかなり多くの時間がかかりますが、
外出する前にスタートすれば掃除を終わるまで放っておけばいいですから、時間がかかることは負担になりません。
とくにほこりを取ることには非常に優れている印象があります。
また、ロボット掃除機が入っていける高さがあれば奥まで入っていけますから、
ベットの奥や家具の奥などもベットや家具をよけないでも掃除をしてくれます。
我が家ではベットは据え置いたままで下をしっかりと掃除してくれるので非常に重宝しています。

ロボット掃除機のデメリット

ロボット掃除機ではその構造から大きなゴミなどを掃除することはできませんし、
その形状から角のあたりも掃除をすることは不可能です。
全体的にはしっかりと掃除してくれますが、あとで人間が掃除できなかった場所のフォローは必要です。
それにロボット掃除機が掃除をしやすいように道を作って上げなければロボット掃除機の良さが発揮できません。
道が空いていなければそれ以上は入っていかないからです。
実はこの道を作るということがロボット掃除機の一番のデメリットと考えています。
道を作ることが面倒だからです。

秘密のメリット

厳密に言えばメリットではないかもしれませんが、
ロボット掃除機は見ていると一生懸命に掃除をしようとしているように見えるのです。
そのロボット掃除機の姿を見ていると頑張れといいたくなるように気分になることもありますし、
その動く姿に癒されることがあるというのもちょっと言っておきたいメリットです。

乾燥機能付きインバーター洗濯機を使ってみた感想

乾燥機能付きインバーター洗濯機について

昨年の秋ごろから一人暮らしを始めていますが、そのときに洗濯機を購入しました。
洗濯機という家電を持つことは初めてであり、どの様な機能をもった洗濯機を選択すべきか迷いに迷いましたが、
結局のところ乾燥機能付きのインバーター洗濯機を購入するに至りました。

ちなみにドラム型ではなく、通常の縦型の洗濯機になります。
ではまずどうしてインバーターという機能を搭載した洗濯機を選んだのかというと洗濯機稼働時の音が静かであるということからです。
洗濯機のお値段は安いものから高いものまでありますが、
このインバーターを搭載しているか否かで洗濯機の値段は大きく変わってくるものと思います。

洗濯機の音が静かなものであることに拘ったのは、自宅は持家ではなく賃貸になることが分かっていたからです。
そうなると周囲の人への配慮が必要であり、また自分自身も煩くない洗濯機にしておきたかったのです。
次に乾燥機能付きの洗濯機を選んでおいたのは、
雨が多い時期などを考慮して洗濯機で洗濯したものはできる限り早く乾かすことができるものが望ましいのではと考えたからです。

実際に使ってみた感想

実際にこちらの乾燥機能付きのインバーター洗濯機を選んでみた感想を記述していきます。
まずインバーターに関してですが、まずまず静かな洗濯機であったと思います。
全く音のしない洗濯機というものはもちろん存在しませんが、洗濯機稼働時の音は確かに静かな方で満足しています。
もう少し具体的に言うとドアを閉めて洗濯機を稼働させているとほとんど音は聞こえてきません。

ドアを開けていても大きな音という印象はあまりありません。
これであれば、隣近所にも迷惑をかけることなく安心できそうと思いました。
夜の遅い時間帯や朝の早い時間帯に洗濯機を稼働させることも問題ないと思っています。
流石に水が流れているときは少し音がしていることが分かりますが、大きな問題ではないと思います。
恐らくインバーターを搭載している洗濯機の魅力は脱水しているときにある様に思います。

次に乾燥機能付きについてですが、確かに便利な機能と思います。
しかし、実際に使ってみると電気代が結構掛かっていたり、
洗濯物がしわになりやすいというデメリットもあって今ではあまり使っていないということに至っています。
当初は梅雨時や部屋干ししなくてはいけないことを考慮して乾燥機能付きの洗濯機を選んだ次第でしたが、
結論からすると乾燥機能は風乾燥のみの洗濯機で十分ではなかったかと思っています。

こんな使い方もあったの!?布団乾燥機のお得な裏ワザ

布団乾燥機は、昔からある家電のひとつですよね。
あれば便利そうだけど、なくても日常生活では特に困らない家電ですが、一度使ってみると、
その便利さに手放せないという方がたくさん!
そんな布団乾燥機の魅力を紹介します。

布団乾燥機の基本的な機能とは?

布団乾燥機は、その名の通り、布団を乾燥させることの出来る機械で、構造もシンプルです。
本体のホースを専用のマットに繋げて、スイッチをONすると温風がでる仕組みで、布団乾燥も1~2時間と室内で手軽に短時間でできるようになっています。
最近は花粉やPM2.5、黄砂などの影響や仕事の都合でなかなか外に布団を干せないご家庭でも重宝されています。

布団乾燥機をつかってみた感想

まずは天気や時間を気にせず、いつでも布団が干せるという点が気楽です。
温風でダニや雑菌も除去できますし、さらに布団乾燥機を使ったあとに布団に掃除機をかければ完璧です。
そして、冬は寝る少し前にスイッチを入れておけば、温風で布団があたたまるので、快適です。

こんな使い方もある!

布団乾燥機は、衣類の乾燥にも使えます。さすがに大きなものは難しいですが、布団のマットの上に靴下やタオルの小物を広げておけば
温風で乾燥もできます。こちらも洗濯物の乾きにくい梅雨どきや冬には重宝する機能です。
ハンガーラックに対応した衣類乾燥のカバーが付属した布団乾燥機もあるので、衣類乾燥の機能をよく使用されるようでしたら、
最初からカバーが付属した布団乾燥機を買うのをおすすめします。
オプション品としても販売されていますが、別に購入するとカバーは高額なことが多いです。

靴の乾燥にも使える!

ホースに専用のアタッチメントをつけることで、靴を乾燥させることができます。靴って中までしっかり乾かす場合は時間がかかりますが、
布団乾燥機の靴乾燥機能を使えば、約1時間でしっかりと乾きます。雨で靴がびしょびしょになった日は、大活躍!
家族分の靴を一日で乾かすことも可能ですよ。

最新型はマットがないタイプもあります!

昔からある布団乾燥機ですが、最近はマットがないタイプの布団乾燥機も人気です。
使い方も本体のホースを布団に差し込んでスイッチを入れるだけなので、手軽に使えて後片付けも簡単です。
デザインもシンプルでスタイリッシュなものも多く、小型化も進んでいるので寝室に置きっぱなし・出しっぱなしでも
インテリアを損なわないものが増えています。