ノンフライヤーのメリットや使い方など

ノンフライヤーの機能について

ノンフライヤーとは簡単に言えば、油を使わずに揚げ物ができる機械です。高温の温風を吹きかける事で、その素材が持つ油分で調理を行います。

ノンフライヤーのメリット

普通の揚げ物は揚げている間は火事などの心配や揚げ過ぎの心配があるのでその場を離れられませんが、ノンフライヤーは調理器具に揚げ物を入れて、後は必要な時間をダイアルするだけなので、調理中は他の作業を行っていれます。また、油を使わずに調理するので料理の油分を大幅にカットする事ができるので、非常にヘルシーで健康に気を使わずに食べる事が出来ます。
「ノンフライヤーを実際に使ってみて」
ノンフライヤーでよく調理するものとしては、我が家ではトンカツと鳥の唐揚げがあります。まずはトンカツですが、非常にサクッとした仕上がりになります。使った豚肉に含まれている油分の量によるのだと思いますが、出来上がりは油で揚げたというよりはオーブンで焼いたといった物に近い出来上がりになります。けれど、十分にジューシーで美味しく食べられます。まぁ、油で揚げた物と比べながら食べるとやはり物足りなくは感じるのですが、食べ比べなければ十分に満足出来ます。ただし、少し時間が経って冷めてしまうと途端にサクッと感が失われてしまうので、出来上がり後はすぐに食べる事をお勧めします。次に唐揚げですが、こちらはちょっとコツが必要で、タレや粉をつけ過ぎるとベチャっとした仕上がりになってしまいます。また、中の網に衣がくっついてしまい取り出す時に大変な思いをします。クッキングシートを敷くと多少は改善されます。上手く出来た時には衣はサクッとしていて、中はジュワッとジューシーに仕上がり、とても美味しく食べられます。トンカツよりも油で揚げた時の物と食感や味は大差なく作る事が出来ると思います。ちょっとだけ本末転倒ですが、鶏肉を漬け込む時にタレに少しだけ油も入れておくとジューシーに仕上がります。

その他の活用方法

ノンフライヤーで天ぷらを作る事はできないのですが(野菜や海老等には油分が少なすぎるため)、市販のお惣菜として売っている出来上がった天ぷらなら調理する事が可能です。市販の天ぷらは電子レンジで温めてもフニャっとなってしまいますが、ノンフライヤーを使って温めれば、サクッとした仕上がりにする事が出来ます。揚げたてよりも多少衣が固くなりますが、サクッとする感じは揚げたてよりも強いと思います。天ぷらうどんやそばに使う時にはかなりオススメです。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA