一家に一台空気清浄機の時代へ

空気清浄機の機能とは?
汚染されている空気を一度吸い込み、綺麗な空気として流してくれる機能や、ほこりや細かな花粉をキャッチしてくれる機能に、ペットのにおいやたばこのにおい、カビ菌までも吸い取ってくれる素晴らしい機能の空気清浄機は、加湿器機能もついていて冬は空気もクリーンにしてくれて湿度も上げてくれるのです。
実際、病院や小児科にも空気清浄機は置かれていて、子供が集まる幼稚園や保育園や保健センターなどでも置いていますね。
小さなお子様がいる家庭や、アレルギー持ちの家族がいる人なども高確率で空気清浄機を持っているのではないでしょうか。
中国からの空気汚染が深刻になっていたり、化学汚染がすすんでいてアレルギー疾患率も増えているので空気清浄機で除去していけると日常住んでいる私たちも安心して生活ができますね。

実際に、空気清浄機を使っていますが、きっかけは私のアレルギー性鼻炎と子供が生まれたことによって賃貸アパートが湿気が多くてカビがすごかったからです。
色々な会社を見てきて、どれも良かったのですがダイキン社の電気集塵の威力を家電製販店で見てダイキンにしました。
使ってみると、料理をするとセンサーの色がすぐ変わり匂いをキャッチするのが優れていることが分かりました。
主に寝室に使っていて、布団なので床に近くほこりも舞いやすいので空気清浄機は常に稼働している状態です。
アレルギーも軽くなり、子供も今のところアレルギーなしでいます。
1週間に一回フィルター掃除をしますが、びっしりとほこりが付いていて空気清浄機がなかったらこれらのほこりを自分たちが吸っているんだと思うとぞっとしますし、アレルギー持ちの私は手放せません。

以上が空気清浄機のおすすめするポイントでした。
ほこりやカビは毎日掃除していても、どうしてもでやすくなってしまいます。
特に私が住んでいたアパートは築年数も経っていたのでカビと湿気がすごかったです。
そんな時、空気清浄機が一斉に何社も発売をしたので藁にもすがる気持ちで購入しました。
今では買って良かった家電一位で、これからの冷蔵庫やテレビや洗濯機のように必需品になってくる家電品だと思います。

空気清浄機は、加湿器機能も付いているので冬の乾燥した時期は大活躍です。
空気清浄機のみの機能でしたら、他にも加湿器をつけなきゃいけなく電気代もかかりますが、一台で二つも仕事をしてくれるので大助かりです。
ちなみに今の空気清浄機はしっかり節電対策もしているので昔ほど電気代が跳ね上がったりはしません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA